しんどい毎日をなんとかやってく

 なんとかやってる人が、なんとかやってくために書くブログ

入院生活

ブログを二か月やって得られたもの

発達障害の診断が出てから一年、ストラテラを飲み始めて九ヶ月、ブログを始めて二か月、二回目の任意入院は四十一日、フリーランスのライターになってから十日になります。体調やブログのこと、最近始めたアフィリエイトのことなど、まとめました。

人は見かけによらない

なんだか人の話をきかないで勝手に思い込む人って多いから、いくら説明しても仕方ない気がしてきて、疲れますね。

病室が意外と機能的

あれこれ試したら、うまく書き仕事できそうな環境になりました。しかも病院だからバリアフリーで、移動が楽です。

入院中から働く人は結構いる

私だけじゃなくて、入院中に生活を立て直すというのは、主治医がよく使う手です。

フリーランスのライターになりました

外出許可も出ているし、このままさっそく、病室から働き始めました。やろうと思った時は、早いです。

落ちておけばいつか浮上できる

同じことを繰り返してもだめなら、やり方を変えなきゃいけないのに、それが理解できない人間も、世の中にはいるんです。

退院までの目標

今日で外泊予定が終わるので、病院に戻ります。今後の入院中の行動予定と、退院後の具体的な目標です。

ノートパソコンで病院から更新します

家族共用のノートパソコンさんを点検していたら、いまごろ、これがあることを思い出しました。

何科だけで決まらない病院の雰囲気

去年から家族と自分の関係でいろんな病院を行き来するので、雰囲気や役割の違いも、うっすらわかってきました。

入院中にありがちなこと

いいことばかりじゃなくて、滅入ることもあります。まあ、病院ですから。

精神科への偏見の理由が謎なので調べた話

精神科や精神病院が、偏見の目で見られているのが気になってきて、分かったことをまとめました。

体は正直

眠気とだるさは、何かのサインかも知れません。休むと良いこともあります。

お見舞いと面会は断れるが、必須のものはやはりある

どうしても必要なものは、周りの手を借ります。

適応障害という言葉が広すぎる

主治医は、適応障害は病気じゃないと言っていました。ストレスが原因で体調が悪くなった状態、らしいです。

ふと宇宙を見上げた日

雲が漂う空がきれいでした。 そういえば空を見たのは久しぶりです。

入院中の散歩は計画的に

出かけるときは準備の手間を考えて、一回であちこち出歩くことが多いです。 元気があるときに、やりたいことがいっぱいあります。

入院してても気楽に外出したいなら

たっぷり外出したいときは、それなりに計画を立てて先に届けを出した方が、ゆっくり楽しめます。準備は大事です。

一日の流れは食事から

入院生活で固定なのは食事の時間なので、それを軸に動きます。 三食同じ時間なので、規則正しい生活になりやすいです。

病室の使い心地あれこれ

入院も長くなってくると病室の様子などもわかってきます。良いところもあるし悪いところもありますが、バリアフリーで基本的には使いやすいです。

入院のここがすごい

普通に暮らしていたらわからなかったことが、いろいろ見えてきました。 以前の自分との落差に泣けてきます。

退院までにやりたいこと

やりたいことはたくさんありますが、特にやりたいことは、あります。 今までの遅れを取り戻したいです。

病院の給食は健康に良い

なんだか食べていたら、いやにストレスが減るというか、体への負担が軽くなったのがわかります。 代謝がよくなっているんでしょうか?

ADHDと適応障害で入院になった

今回は再入院です。精神科の任意入院ですが、同じところにまた行く上に自由がきくので、気楽なものです。

ADHDで入院する理由

精神科に任意入院と言っても、一般的な任意入院とは違って、かなり変わっています。こういう人もいます。

入院中に必要になったものの入手方法

入院が長くなればなるほど、必要なものはあるけれど、体調が悪くて動けないこともあります。そういうときは?

入院中の娯楽に役立つもの

入院が長くなると暇になります。テレビやゲームもいいですが、意外にこの状況は好都合なので、やれることは結構あります。

入院前にやっておいた方がいいこと

入院中は世俗から離れることになるので、心残りがあるなら、先に用事を済ませてから病院に行った方が無難です。

再入院の準備中

精神科のある病院もいろいろあるので、私の入院方法は、かなり特殊だと思います。