しんどい毎日をなんとかやってく

 なんとかやってる人が、なんとかやってくために書くブログ

生活環境

「パソコンに詳しい」って言えますか?

訊ねてくるとき、相手が何を知りたがっているのか、把握が難しいです。というか私って、詳しいんだろうか?

ブログを二か月やって得られたもの

発達障害の診断が出てから一年、ストラテラを飲み始めて九ヶ月、ブログを始めて二か月、二回目の任意入院は四十一日、フリーランスのライターになってから十日になります。体調やブログのこと、最近始めたアフィリエイトのことなど、まとめました。

安らげる場所を探す

生活環境を整えるって、要するに家の中を整えるということです。ここが良くないと、全部だめになります。

ADHDだから休む癖と回復時間をつくる

野比のび太みたいに秒で眠れて「のんびり行こうよ、人生は」って生活、憧れますね。まるっきり同じというわけにはいきませんが、見習いたい部分もあります。

病室が意外と機能的

あれこれ試したら、うまく書き仕事できそうな環境になりました。しかも病院だからバリアフリーで、移動が楽です。

一週間に一回しか眠れない状態が二年続くとこうなる

なんでまだ生きているのか、自分でもよくわかりませんが、生き地獄でした。 ここまでひどい状態の人もなかなかいないと思うので、恐怖体験としてご覧ください。 ここまで来るともはやホラーです。

世界でもあまり類を見ない悩み

今日で一度、家に帰ります。 一区切りとして、ご挨拶です。

そもそも散らかりにくい行動をとる

掃除は大変ですが、最初から掃除が減るように普段から行動していけば、あとあと楽になります。

簡単な片付けの方法

いつもふと気づいたときにやっておけば、あとでまとめてやらなくていいから、楽ですね。

自力で変えられる生活環境のこと3

発達障害がある人へのアドバイス本で、よく「理解者を得る」ことが大事とありますが、得られた人もいれば得られない人も、世の中にはいるわけです。

友人関係のこと小話

継続は力なりというのは、友人関係にも影響しています。友情を長続きさせる努力も必要です。

自力で変えられる生活環境のこと2

ADHDの人が一番必要としているのは、お医者さんでも薬でもなく、良い環境だと思うんです。 自分で整えられるところって、考えてみると、結構多いと思います。

自力で変えられる生活環境のこと1

自分で変えられるものと、変えられないものがあります。親は自分で選べません。家族の理解が得られないときは、どうしたらいいでしょうか?

ADHDのいいところ

悪いところだけでなく、ADHDにはいいところもあります。それから健常者も、完璧ではありません。必要以上に、できない自分を責める必要はないと思います。