しんどい毎日をなんとかやってく

 なんとかやってる人が、なんとかやってくために書くブログ

適応障害

ブログを二か月やって得られたもの

発達障害の診断が出てから一年、ストラテラを飲み始めて九ヶ月、ブログを始めて二か月、二回目の任意入院は四十一日、フリーランスのライターになってから十日になります。体調やブログのこと、最近始めたアフィリエイトのことなど、まとめました。

一週間に一回しか眠れない状態が二年続くとこうなる

なんでまだ生きているのか、自分でもよくわかりませんが、生き地獄でした。 ここまでひどい状態の人もなかなかいないと思うので、恐怖体験としてご覧ください。 ここまで来るともはやホラーです。

退院までの目標

今日で外泊予定が終わるので、病院に戻ります。今後の入院中の行動予定と、退院後の具体的な目標です。

世界でもあまり類を見ない悩み

今日で一度、家に帰ります。 一区切りとして、ご挨拶です。

EvernoteをADHDの初心者が使った感想

入院中にEvernoteにふれる機会があり、なんとか同期もできたので紹介します。スマホやタブレットでも、できることは多いです。

適応障害という言葉が広すぎる

主治医は、適応障害は病気じゃないと言っていました。ストレスが原因で体調が悪くなった状態、らしいです。

入院の本当のいきさつ

一筋縄ではいかない気持ちと一緒に、ブログを一日一回書き続けて、気づいたら三十一日経ちました。 とにかく頭の整理をしたくて、心の整理をしたくて、手探りです。

入院してても気楽に外出したいなら

たっぷり外出したいときは、それなりに計画を立てて先に届けを出した方が、ゆっくり楽しめます。準備は大事です。

一日の流れは食事から

入院生活で固定なのは食事の時間なので、それを軸に動きます。 三食同じ時間なので、規則正しい生活になりやすいです。

入院のここがすごい

普通に暮らしていたらわからなかったことが、いろいろ見えてきました。 以前の自分との落差に泣けてきます。

退院までにやりたいこと

やりたいことはたくさんありますが、特にやりたいことは、あります。 今までの遅れを取り戻したいです。

ADHDと適応障害で入院になった

今回は再入院です。精神科の任意入院ですが、同じところにまた行く上に自由がきくので、気楽なものです。

ADHDで入院する理由

精神科に任意入院と言っても、一般的な任意入院とは違って、かなり変わっています。こういう人もいます。

入院中に必要になったものの入手方法

入院が長くなればなるほど、必要なものはあるけれど、体調が悪くて動けないこともあります。そういうときは?

入院中の娯楽に役立つもの

入院が長くなると暇になります。テレビやゲームもいいですが、意外にこの状況は好都合なので、やれることは結構あります。

入院前にやっておいた方がいいこと

入院中は世俗から離れることになるので、心残りがあるなら、先に用事を済ませてから病院に行った方が無難です。

再入院の準備中

精神科のある病院もいろいろあるので、私の入院方法は、かなり特殊だと思います。

漢方薬がADHDと適応障害にどう効いているか

苦い漢方薬を実際に試してどうだったか、薬の説明もしながら書きました。