しんどい毎日をなんとかやってく

 なんとかやってる人が、なんとかやってくために書くブログ

入院中の娯楽に役立つもの

 春は風が強いですね、夕方四時です。こんにちは。

 出かけたら帰り道、向かい風に負けて自転車を押して帰りました。体調が悪いと自転車をこぐのもきついです。

 せめて向かい風に打ち勝って、立ちこぎできるぐらいの体力を取り戻したいものですね。

 月曜から入院の前に、倒れてしまっては元も子もないので、今日はおとなしくブログを更新しています。

 

 四月に入ってから、真面目にブログの中を整理しているところです。

 なんとか少しずつですが、納得いくような形になってきました。

 それからtwitterとブログを連携させるにあたり、ペンネームをtwitterと統一しました。変わった名前ですが、よろしくお願いします。

 ミントだとかぶる人が多く、別途、twitterのアカウントを作っても管理が大変そうだったので、元から持っていた名前とアカウントでやっていきます。

 向こうでもし見かけたら、ああ、あのブログの人かと思ってください。

 ミントのプロフィール画像が目印です。

 

 今日は精神科に入院中、娯楽に使うもの、でしたね。

 前回、任意入院したときの個人の経験ですが、ご紹介します。

 

 デイケア参加は個人の自由

 前回、入院したときにデイケアルームへ見学に行きました。

 強制ではなく自由参加です。

 一人で過ごしたい私のような患者さんもいれば、人と仲良くしたい患者さんもいるので、こういったことも参加可能です。

 ADHD、発達障害、適応障害以外の人も多いです。

 

 精神科の治療の一環で、病院内ではデイケアがよく開かれています。

 児童館や児童センターに行ったことがある人なら、なんとなく想像しやすいでしょうか。あのレクレーションに近い過ごし方ができます。

 室内で囲碁・将棋やパズル、手芸や読書などができて、リラックスしたり楽しんだりすることを通して、心のゆとりを取り戻すプログラムです。

 卓球台やカラオケセットもある充実ぶりで、手芸は編み物や縫い物のほかに革財布を作ったりする人もいます。大人の塗り絵もありました。

 お花の先生が週に何度か来て、教わった患者さんが作った、見事な華道の作品が飾られていました。

 

 体調がいいとき、患者さんがやってきて楽しむ部屋も、こうやってあるわけですね。

 病院によるかもしれませんが、私が入院したところは、平日やっていました。

 

 じゃあ、体調が悪かったり、一人でゆっくり過ごしたい時はどうするかというと、病室で過ごすことが多いです。

 今回は、調子がいいときの病室での過ごし方を書きます。

 あまりかさばらない手軽なもので、かつ携帯ゲーム機やテレビ以外の、有意義に楽しめそうなものを選びました。

 持ち込んでいいかどうかは、必ず主治医や看護師に、相談して下さい。

 

持って行くと楽しめるもの

積ん読していた本など

 読み損ねていた本や漫画などは、ちょうどまとめて読める絶好の機会です。

 家のように雑念にとらわれにくいので、集中して読み進めやすいです。

 長編シリーズを読破することも夢ではありません。

 

ポータブルDVD・BDプレイヤー

 病院のテレビは、有料カードを買って写すものが多いです。

 DVD・BDデッキなどが病室についている場合も、再生には有料カードを消費してしまいます。

 ポータブルプレイヤーや、ノートパソコンなどを持参すると手軽に楽しめます。ヘッドフォンも持って行きましょう。

 

 デジタルオーディオプレイヤー

 いわゆるipodやウォークマンなどがとても役に立ちます。

 私はウォークマンを持っていますが、ラジオ機能もついているので、有料カードを買ってまでテレビを見たくないときに、よくラジオを聞いていました。

 アルバムCDもデジタル化すれば、何十枚でも手のひらサイズに収まります。

 イヤホンやヘッドフォンも忘れずに。

 

色鉛筆とスケッチブック、大人の塗り絵

 読書の気分でもなく音楽でもなく、静かに楽しみたいときにいいです。

 絵が描けない人でも、大人の塗り絵はおすすめです。

 前回、私が塗ったものですが、何回か書いていると、一週間ぐらいで例として、こんな感じになります。

 実物はハガキサイズです。

f:id:sndi_mint:20180406151907j:plain  f:id:sndi_mint:20180406152001j:plain

 塗り絵の本も色鉛筆十二色セットも、ダイソーで手に入れたものです。

 鉛筆削りも忘れずに。必須です。

 ちなみに中学の時、美術は苦手でした。

 

折り紙

 枚数を組み合わせるとそれなりの箱などが作れます。

 入院中とっさに入れ物がほしくなったときなど、自作することも可能です。

 例として私が作ったものがこちらです。

f:id:sndi_mint:20180406151831j:plain

 ダイソーで百枚入りの和紙などが売っているので、かなり贅沢に使いました。

 一番右の箱は上下合わせて十六枚でできています。ダイソー様々です。

 

ノートやペンなどの文房具

 やることが思いつかないとき、日記の習慣がちょうどつきます。

 自分の体調を記録したり、天気のことを書いたり、見たテレビのことなど、気軽に書き込めます。

 詩作や小説を書くのもいいですね。あなたの眠れる才能が開花するかもしれません。

 

モバイルWi-Fiルーター

 スマホやタブレットが持ち込み可能な場合です。

 入院中、スマホなどでついネットを楽しんでいると、wi-fiがある病院ならいいですが、ないならあっというまにその月の通信規制が来てしまいます。

 YouTubeなどもってのほかです。うっかりネットサーフィンもできません。

 入院する前にスマホの契約店に行って、ポケットwi-fiなどを入手しておけば安心です。

 

勉強道具

 いっそ勉強してしまうのも手です。遅れを取り戻す絶好のチャンスでもあります。

 誘惑がほぼないので、資格勉強や受験勉強にはいい環境です。

 

 工作や工芸、芸術に没頭するなど、個室で一人で過ごすにも、やり方はいろいろあります。

 いざ入院してから調子がいいときは、どれをやろうか迷いました。

 もちろん、体調が悪いときが多いから入院しているので、根を詰めすぎると返ってよくありません。油断は禁物です。

 

 私も来週から入院なので、ゆっくり休んでこようと思います。

 入院の様子はこのブログでお伝えします。

 では、また明日。