しんどい毎日をなんとかやってく

 なんとかやってる人が、なんとかやってくために書くブログ

病室の使い心地あれこれ

 夕方五時です、こんにちは。入院五日目。
 時期的に暖かくなってきたので、シャワー後は暑いくらいです。
 かといって夜は、まだ寒く感じるので、調節が難しいですね。
 夜は乾燥したらいけないのでエアコンは切ります。インフルエンザがまだ出ているそうで、医師と看護師がみんなマスクでした。
 

 今日は病室の使い心地や過ごし方について、でしたね。
 ADHDの二次障害、適応障害で入院しています。精神科の任意入院ですが、他科の病棟の個室にいます。
 珍しいケースなので、あくまで一個人の体験談として読んでもらえればと思います。

病棟では、ほぼ見た目は気にしない

 寝てるのがデフォルトなので、常にパジャマを着ています。
 もちろんお化粧なんてしてません。
 看護師さんに美人が多いので地味につらいですが、利便性重視です。皮膚呼吸のためだと思って、美容液をつけるぐらいのスキンケアにとどめています。
 病棟内を移動するときは、パジャマに室内スリッパで歩いています。

f:id:sndi_mint:20180413112749j:plain

 売店に行くときは少し離れているので、私はパジャマの上から薄いジャンパーなどを着て、スニーカーでいきます。
 入院しているので、寝巻きでスリッパのままでも、誰も気になんてしないですけれどね。

地方なので水道の水が割とうまい

 都会だと水道の水、あまり飲まないですが、私がいる場所は地方なので、普通に飲めます。
 入院中、都会だとミネラルウォーター買って飲むようですが、私は水道の水を飲んでいます。
 のどが渇いたときや薬の時、病室の水道でコップに汲んで、そのままゴクリ。
 まだ寒い時期のせいか、ぬるま湯です。ちなみに手をかざすと自動で出ます。

 飲み物代もバカにならないので、水だけでも買わなくて済むのは助かります。
 ほかの冷たいものが飲みたくなったときは、売店や病棟内の自動販売機コーナーに行きます。

売店の規模は病院の規模による

 大きい病院なら、レストランや有名なカフェがテナントで入っていたりします。図書館があったり、美容院や花屋があったり、病院内でだいたい生活が成り立ちます。そもそも、売店が大きかったり、病院内に複数あったりします。病院内で電子マネーが使えたりします。

 が、いま私がいる病院には、カフェもレストランも図書館もないです。電子マネーも使えないので現金で、クラシカルに支払います。
 大学病院レベルのこと、毎回求めていたって仕方ありません。
 ああ、でもおしゃれなカフェ行きたいです。残念ですね。

掃除に毎日来てもらえるので割ときれい

 毎日、白衣の人が掃除に来てくれるので、洗面所もトイレもきれいです。
 三分ぐらいの簡易な掃除を毎日、一日二回ほどしてくれます。
 ペーパータオルもトイレットペーパーもすぐ足してもらえるので、安心ですね。
 ちなみにトイレはウォシュレットです。
 
 掃除の時にゴミも回収してもらえるので、ペットボトルなどもゴミ箱の近くにおけば安心です。
 個室で話し相手がいないので、よく雑談の相手をしてもらいます。みんな優しいです。
 ベッドのシーツ交換は週に一回、お風呂に入っている間なんかにしてくれます。清潔でいいですね。

お風呂は人によっては数時間かかる

 病院によりますが、私がいる個室はシャワーがないので、病棟内の共同浴室を使います。
 普通の家庭にある浴室と同じでした。違うのは、手すりが多いこと。
 私は自力でやりますが、介助が必要な人もいるので、そういう場合は数人がかりで、二時間ぐらいかけて洗っています。とても大変そうです。
 手が掛かるので毎日できるわけでもないようです。

 午前中は介助が必要な人の予約時間なので、私のように自力でできる人は、午後の昼間のうちに入ります。
 三十分区切りの予約交代制です。
 病院によると思いますが、私がいるところはシャンプーがないので、洗面器に入れたお風呂セットを持参しています。
 ドライヤーは貸してもらえますが、数に限りがあるので、家から持ってきました。

ベッドはやたら固い

 スチールの板の上に厚めのスポンジ一枚敷いて、シーツでくるんでいるだけなので、割と背中が痛くなります。
 敷き布団じゃなくて、ベッドマットでもなくて、凹凸のあるスポンジにシーツです。そりゃ、固いですね。

 寝たきりの人なら、もう一枚床ずれ防止マットを敷いてくれるようですが、私は一応自力で動けるので、簡易ベッドのままです。
 病院に不満はありませんし居心地がいいですが、このときばかりは寝にくいので、ちょっと家に帰りたくなります。
 自宅のベッドを病院に持って行かれたら完璧なんですが、そんなこともできないので、慣れるしかありません。
 入院の時は、腰まくらなど持って行った方が、いいかも知れませんね。

テーブルは使いやすい

 ベッドに腰掛けて、布団を掛けたままでも使えるし、疲れてそのまま眠っても寝返りが打てるので楽です。
 ベッドの上だけで食事や読書、ほかの軽作業が全部済むのは、テーブルの便利さのおかげですね。

f:id:sndi_mint:20180413112836j:plain

 私は次に机を買うときは、病院にあるようなものを買いたいです。とても便利なので、家でベッドの人には、とても使いやすいと思います。
 バリアフリーにとても合っていて、好きです。

 大きい病院と小規模な病院とでは、だいぶ設備に差がありますね。
 父が亡くなる前、大学病院に少し行ったことがあるので、設備の豪華さに驚きました。
 私自身の体調がおぼつかなかったので、あまり父のお見舞いにも行かれませんでしたが、大学病院にかかるのは大病のときぐらいです。
 ふつうは、あまり行く機会もないでしょうね。

 明日は、だいたいの一日の流れを書こうと思います。
 では、また。