しんどい毎日をなんとかやってく

 なんとかやってる人が、なんとかやってくために書くブログ

ADHDはアルコールやカフェインから逃れられない?

 夕方五時です、こんにちは。入院十二日目。
 本日の朝ご飯がおいしかったので、紹介します。

f:id:sndi_mint:20180420160110j:plain
 ごはん、ナメコと白菜のお味噌汁、野菜の鶏肉巻き、小松菜としめじの和え物、切り干し大根、デザートは夏みかんの缶詰め。
 この肉巻きがチャーシューみたいでおいしいです。

 最近ADHDの多動が出ているせいか落ち着かなくて、午後は病院外を軽く散歩してきました。私にしては、すごく珍しいです。
 道ばたに、黄色いタンポポや赤いチューリップが咲いていました。
 ぽかぽかして気持ちいいですね。

 それから小さなカフェを見つけました。
 英会話に精通しているカフェだったらしく、近所から来たらしい外国人の家族がいっぱいいました。
 地方都市なんですが、けっこう外国の人も住んでいるんですね。こういう場面に遭遇すると、地方でも色んな人が居るんだなと思います。
 ああいうコミュニティの場があるのは、住民の情報交換になって良いですね。

f:id:sndi_mint:20180420133519j:plain
 おみやげにラズベリースコーンと、挽き立てドリップコーヒーを買ってきました。
 今日はこれを、おやつにしましょう。

f:id:sndi_mint:20180420133605j:plain
 持ち帰りを希望したら、おちゃめな男性の店員さんが、袋に日本語でメッセージを書いてくれました。
 外国人のお客さんには英語で対応していましたけど、私にはちゃんと、日本語で話してくれました。
 見た目は欧州の雰囲気が漂う、茶髪の巻き毛の店員さんでしたが、器用ですね。

気付くとカフェインばかり飲んでいる

 学生の頃からそうなんですが、私は緑茶が大好きです。
 会社に入ってからはコーヒーも飲みます。
 うっかりしていると、一日に五杯ぐらいコーヒーを飲んでいたこともありました。社畜だったころ、不眠症で夜は眠れないのに、仕事中に限って急な眠気に襲われるので、居眠り予防でした。
 そりゃ、肌も荒れるし体も壊しますね。
 敷地内に設置されていた自販機で、軽い栄養ドリンクを買って、飲みながら働いていたこともあります。
 なんとかエナジードリンクには手を伸ばさないで済みましたが、カフェインだらけですね。

 手持ちぶさたで、飲み物につい手が伸びてしまうんですね。
 しかしカフェインは摂りすぎると、私の場合は落ち着きが無くなったり、多動がひどくなったり、緊張したりするので、本当は減らしたいです。
(減らしたいと言いつつ今もドリップコーヒーを飲んでいるのですが)
 せめて緑茶だけにしたいんですが、たまに飲みたくなってしまいます。
 ちょっとした中毒ですね。

 私はちなみに、たばこは昔から吸わないです。
 お酒は人付き合い程度に嗜んでいましたが、今は薬を一日三回服用しているので、完全に飲んでいません。
 実はお酒よりは食事の方が好きなので、さほど不自由もしていません。あえて選ぶなら梅酒が好きですが、梅ジュースで満足できます。
 医学博士の星野仁彦氏の著書『それって、大人のADHDかも知れません』によると、ADHDの人は、なにかと依存して中毒になりやすいそうです。
 買い物中毒・ギャンブル中毒・薬物中毒・カフェイン中毒アルコール中毒・ニコチン中毒など。

身近にある物質に依存するのはなぜか

 ADHDだった私の父は、アルコール依存症とニコチン中毒の気がありました。コーヒーとパチンコも少し好きでしたが、たばことお酒は、健康が心配になる量を接種していました。
 たばこはhi-liteを吸っていたし、その次はPeaceのミディアムを吸っていたし、最後は少し軽くしようとしたのかラッキーストライクを吸っていました。最終的にいろいろあって、禁煙に成功しました。
 私はあまり詳しくないのですが、ニコチンやタールのミリグラム数が高いたばこは、ヘビースモーカーの間でも、強いたばことして知られているようです。
 知り合いの喫煙家に、私の父がhi-liteやPeaceを一日二箱吸っていると言うと、よく驚かれました。
 ラッキーストライクは、いわゆる1mgたばこで、タールの量が1mgになっているものらしいですが、たばこはたばこです。
 一度だけ、一口もらって吸ったことがありますが、すぐにせき込んで、のどの痛みが三日とれなくなって嫌になり、はまらずに済みました。 

 お酒はウィスキーに目がありませんでした。
 そして禁煙に成功したのに、それを補うようにお酒の量が増えてしまいました。
 「山崎」や「響」なんか父の日にあげたら、数日はご機嫌ですね。
 今から考えれば、アルコール度数四十を越えるお酒なんて、体に良くありませんでしたね。ちょっと反省しています。
 幻覚や手足のふるえはなかったものの、何しろ自分で量を加減できなくなっていたので、与えたら与えられただけ飲んでしまいます。
 何回か私も怒って、何千円もするお酒を流しに捨てたこともありますが、そうすると自力で買ってきてしまいます。
 せめて度数十五くらいの、例えばワインとかじゃダメだったんでしょうか。ダメだったんでしょうね、本人的には。

落ち着きたいから欲しくなるのかも知れない

 やりたいことや欲しいもの、食べたいものがあると、気になってソワソワしますよね。
 そのソワソワを解消したくて接種したり、やりたいことをやったりします。
 最中は満足します。
 終わってしばらくすると、また繰り返したくなって、ソワソワしてきます。
 このソワソワがくせ者ですね。

 これがなければ、いろんな人のあらゆる中毒がなくなるというのに、やっかいですね。
 なにか別の有益なもの、たとえば芸術とかに向けられたら、中毒もなくなるんでしょうか。
 私たちの安息の時間はどこにあるんでしょうね。これも、自分で見つけるしかなさそうです。
 
 ここまで書いていたらコーヒーを飲みおわりました。
 自分のために良くないので、もう少し私も、コーヒーの量を減らしたいと思います。
 子どもの頃はこうじゃなかったのに、人間って不思議ですね。
 では、また。