しんどい毎日をなんとかやってく

 ADHDと適応障害に悩んでたら、ライターになってた人のブログ

フリーランスのライターになりました

f:id:sndi_mint:20180509095722j:plain

 

 正午になりました、こんにちは。

 今日でちょうど入院三十一日目です。

 まだ病院にいますが、主治医のすすめで自分に合った仕事をするように背を押されて、探しに行ったら、見つけやすい場所がありました。

 文章で金銭をいただく仕事を始めようと思います。思い立ったが吉日です。

 一応、今後は真面目に物書きやライターを名乗ろうと思います。

 

働き出すのは三年ぶり

 人からお金をもらうのは、断捨離のためヤフオクで以前、利益無視の出品者をやったときが、最後です。

 会社を辞めてから三年以上経ちます。

 以前からここ見てくれている方は「え? 働くの?」って思っているでしょうね。

 私が一番そう思っています。ADHDらしく衝動のままに向かったら、話が進んでいきそうです。

 とりあえず落ち着こうと思って、まずここの記事を書いています。

 

f:id:sndi_mint:20180509104401j:plain   

 

 ノートパソコン借りてきた甲斐がありました。

 ポメラはありますが、スマホとタブレットだけではやはり限界があるので、wi-fi使えるパソコンが一番です。外出先でも安心ですね。

 外出許可は出ているので、届を出せば、フィールドワークもなんとかなりそうです。

 ひとまずスケジュール管理と体調管理と原稿がんばります。ライターなら、病室でも自宅でも、どこでもできますね。

 どこかで見かけたら、よろしくお願いします。

 

やりたかった仕事

 実は昔から、文筆業を職にしたいと思っていたので、まだ始めたばかりですが、わくわくしています。

 ADHDの人は、自分が興味のある分野を、職業にすると長続きしやすいと言われています。自分の興味のないことは、実行できない特性があるからです。

 これでしたら、私もなんとかなりそうです。仕事時間を自分で決められるので、適応障害も気にしなくて済みます。

 まだ病院にいますが、ぼちぼちやっていきます。

 

 得意分野は、ADHDの方でもそれぞれ違うので、私とまた違う分野で活躍している人は、すでに世間にたくさんいますよね。

 まずは私も一から出直して、始めてみます。

 では、また。