しんどい毎日をなんとかやってく

 なんとかやってる人が、なんとかやってくために書くブログ

ADHDだから休む癖と回復時間をつくる

f:id:sndi_mint:20180515110002j:plain

 

 お昼になりました、こんにちは。

 出かけることが多かったので、今日は病室でゆっくりやる任意入院三十七日目です。

 落ち着いて何かに取り組んだり、休憩したりする時間も大切です。

 外出するときは道具を持っていかないといけない上に、日焼け対策も必要なので、毎日は難しいですね。

 

 無理するのはよくありません。

 ADHDの過集中とか、自閉症スペクトラムのこだわりとか出ちゃった日には、終わった後にぐったりしています。

 別に発達障害に限ったことではなく、動きすぎれば、誰だって疲れます。

 せめて数時間に一回は、休みましょうね。自分に言い聞かせてます。

 

疲れる前に休みたい

 過労で倒れてから、休むことと行動することのバランスを、よく考えるようになりました。

 はっきり言って、疲れてから休むと時間がかかるので、わざと休憩を取る習慣をつけた方が、楽だと気付きました。

 あと、何かやっていると、だんだん飽きてくることがあります。

 休憩する時間も必要です。

 

 いまは入院しているので、具合悪くなっても面倒見てもらえますが、それもあと一か月ぐらいの間だけです。

 看護師さんたちから「無理しすぎないでね」と言われます。

 本当にそうですね。

 何度もそれで嫌な思いをしたので、ゆっくりやっていきたいです。

 

 のび太くんの特技って、あやとりとか射撃もあるんですけど、どこでも秒で眠れるっていう、不眠症からすると夢のような体質なんですよね。

 忙しい現代の大人からすると、羨ましさ山の如しです。

 

疲れた時に食べたら元気が出たもの

 学生の頃、アルバイトで飲食業についていたこともありますが、注文を取るとか料理を運ぶとか、疲れるじゃないですか。

 足腰とかすごく痛くなりますよね。

 すごく痩せますよね。

 シェイプアップにはいいですが、疲労回復に苦労しました。

 

 しかも食事の時間に働くから、自分のご飯がずれるじゃないですか。

 夕食とか遅くなるからって、太るの気にして野菜ばかり食べてたら、疲れがぜんぜん取れなかったんですよ。

 ちなみに、食べたら疲れが吹き飛んだのは、これです。

 

ショートケーキ

 まさかのダイエットの敵ですが、すごく疲れが取れました。

 カロリーと糖分の塊なせいか、食べた次の日の朝、体が軽くなりました。

 即効性はありません。

 ちなみに食べた量は1/8です。いつもの三食に、おやつの時間に食べれば、それで十分でした。

 食べ過ぎ注意。

 

油っぽくない肉料理

 味がしつこすぎたり、油が多すぎると、かえって消化不良になって、内臓に負担がかかって体がだるくなります。

 個人的には鶏肉のペッパー焼きや、照り焼きが良かったです。豚の生姜焼きもグッド。

 焼き野菜も合わせて食べると、栄養バランスもいいです。

 お好みで、あっさりした味付けや、ご飯にあう料理がおすすめ。

 

食べてもあまり意味がなかったもの

 実はあまり、食べても体が回復しなかったものもあります。

 どんなものかというと、これです。

 

スナック菓子

 のどが渇くし、油や塩分が多いです。他の栄養は期待できません。

 気分転換程度ならいいですが、食べ過ぎると肌荒れの原因になります。

 

甘いジュース

 特に自動販売機などで売っているジュースです。余計にのどが渇きます。

 ただ、冷たい炭酸飲料は気分がスッキリするので、眠気覚ましに一本飲むぐらいならおすすめです。

 しかし甘いだけで栄養は期待できないので、疲れは取れません。

 

 休憩の代用は休憩しかないので、食事では代わりになりません。

 あくまで食事は、睡眠や休憩の次に摂取するものです。

 食べた体感としては、脂質とタンパク質を程よく摂取するのが、効果的でした。

 

 ちゃんと休み休みやる習慣をつけた方が、結果的に効率がいいです。

 無理はしないようにしたいですね。

 では、また。