しんどい毎日をなんとかやってく

 なんとかやってる人が、なんとかやってくために書くブログ

準備時間は多めがいい

f:id:sndi_mint:20180518134525j:plain

 午後二時です、こんにちは。

 少し今日は混乱していて記事がまとまりにくかったので、この時間です。

 なんだか最近、時間が進むのが早い気がしてきた、任意入院四十日目です。

 忙しい、ということでしょうか。

 

 昨日一日かかって、やっとメールの引っ越し作業、だいたいできました。

 疲れてぐったりですよ。

 こういうのは早めにやっておかないと、気になって落ち着かないから、さっさとやるに限ります。

 

準備するときは優先順位を考える

 いま知人と旅行の計画を立てています。

 私はADHDというのもありますが、何かをするのに時間がかかります。

 旅行の準備などもそうです。

 キャリーケースにも日ごろから二日分ぐらいは、下着をしまっておいたりします。

 直前だと焦ったり、忘れたりするので、最近はそうするようになりました。

 

 旅行の準備って、人によるかもしれませんが、一週間二週間ぐらい前から準備して、前日に確認するぐらいの余裕は欲しいですね。

 このへんは人の性格がよくでそうです。

 体の調子を整えるとか、爪を切っておくとか、けっこう気になることを済ませるにはいい機会です。

 

 私は後になって「あ、あれ忘れた!」ってことが多い、典型的な不注意優勢型のADHDなので、確認も大変です。

 一回確認したぐらいでは、たいてい何かを忘れています。

 文章と同じで、一晩ぐらいは寝かせて、冷静になった頭で、もう一度確認するくらいの方が、忘れ物に気づきやすいです。

 

 国内で二泊三日ぐらいなら、替えの下着と常備薬があれば、だいたいはオッケーです。

 ほかの消耗品は、最低でも、旅先で買えば済みます。

 お金はかかりますが、買って済むなら安心です。

 アメニティが充実しているホテルなら、化粧水や美容液ぐらいまでも、カバーしてもらえます。

 これが服とかになると、サイズとか気にし始めたら時間がかかるので、そうそう買おうという気が湧きにくいです。

 一番大事なのは、すぐ買えないものです。

 

「時間がかかってもいいや」と考えたら楽になった

 なにが大事なのかを考えるようになりました。

 よくもたついたり、時間がかかってしまう自分が、情けなかったりしますが、結局は結果が良ければいいわけです。

 「人より時間がかかっても良いじゃない、他人の迷惑にならない部分なら」と自分を許せたら、少し準備も楽しめるようになりました。

 

 旅行はすでに、準備から始まっています。

 電車に乗りながら音楽を聴こうと、バッテリーを充電しておく時から、気分がわくわくしてきますよ。

 そういうのも楽しめると、充実してきます。

 

 けっこう、準備って面倒くさくはあるんですが、やっているうちに楽しみになってくるんですよね。

 最近は良い旅行グッズも多いので、そういうものを使っても楽しいです。

 身の周りの意外な日用品を利用して、乗り切るのも工夫です。

 S字フックとか延長コードとかエコバッグとか、持っていくと役立ったりして、重宝しています。

 

文章を練るには平常心が必要

 落ち着いて何かを書くとき、たとえばこのブログの記事を書くとき。

 体調が悪かったり、頭が混乱していたりすると、やっぱり自分でも「うまくいかなかったな」というときが出てきます。

  それと同じで、何かに落ち着いて連続して取り組んで、まとめあげるには、それなりの集中と、静かな気持ちが大切です。

 旅行の準備も文章を書くのも、気持ちは近いです。

 忘れ物が減るように荷物を集めていくのも、いい文章になるように字を積み上げていくのも、少し似ている気がします。

 自分の感情とうまく付き合っていきながら、進めていきたいですね。

 

 なかなか進まないですが、自分なりのペースでがんばります。

 落ち着かないと進まないので、まず深呼吸してからです。

 では、また。