しんどい毎日をなんとかやってく

 ADHDと適応障害に悩んでたら、ライターになってた人のブログ

初めて家族以外の人がお見舞いに来ます

f:id:sndi_mint:20180615085953j:plain

 数日空きましたが午後二時になりました、こんにちは。

 任意入院六十八日です。

 あと三日で退院です。長かったですね。

 けっこう病院生活も悪くありませんでした。感慨深いものがあります。

 

退院は父の日

 十七日の日曜日、ちょうど父の日ですね。

 生きている人は赤っていうのは、母の日のカーネーションと同じですね。

 父の日にプレゼントを買ったことはありますけど、お財布とかお酒とかだったので、花なんて贈ったことないんですよね。

 お花をもらって喜ぶタイプでもなかったから。

 

 本人が好きな花でも贈ればいいんでしょうが、よく考えたら私、父が好きだった花なんて、知らないんですよね。

 父親が好きな花、とっさにすぐ分かる人って、世の中に何人いるでしょう?

 花とか愛でるタイプじゃなかったから、父とお花の話なんてしたことないです。

 無難に白いバラでいこうと思います。

 父の日に免じて退院日はおとなしく家にまっすぐ帰ろうと思います。

 

 なんだか無償に会いたいです。

 死んだら死んだ人に会えるんでしょうか?

 死んだことないのでわからないですが、いま会えたとしても恐らく、三途の川の向こうで待ち構えていた父に「お前は早いだろ!」とか怒鳴られて、現世に強制送還される未来しか見えません。

 絶対に怒られます。拳骨されるに決まってます。歓迎ムードゼロですよ。

 怒られるのは嫌なので会いに行くのは当分の間、諦めた方が良さそうです。

 きっと今頃、本人も、祖父祖母に「来るのが若干早い」とか少し怒られているんじゃないでしょうか。

 早いんだから怒られればいいんです。ざまあみろです。

 

お見舞客をお迎えします

 別に主治医に止められてたわけじゃあないんですが、一人でゆっくりしていたかったので、面会謝絶にしていました。

 面会謝絶といっても直近の家族には会えます。親や兄弟や子ですね。

 兄弟と子は最初からいないので、私が会っていたのは母だけです。

 なんだか自分の調子が崩れそうだから、ゆっくり一人でいたかったのです。

 

 今日、従姉妹の姉ちゃんが来てくれます。まあ結局は親族ですが、会う用事ができたからです。

 退院後に一緒に旅行する計画を立てていましたが、姉ちゃんがけがしたので中止にしました。

 私ももうじき引っ越しちゃうので、キャンセル料の話し合いもあって、いまのうちに会っておこうということになりました。

 まあキャンセル料は名目みたいなもので、私は話をしたいだけです。

 身体が痛い中、ありがたいことですね。

 ちなみに自分から面会謝絶を希望したので、病院側も解除は問題ありませんでした。

 だいたい外出もほいほい出かけていた状態なので、なんの問題もないのです。

 

 一月に入院して、間に一か月帰ったぐらいで、ほぼ今年前半は病院にいました。

 真冬に入院したのに、もう夏になりますね。

 父が亡くなってすぐ入院しました。つまり父が亡くなってそれほど経つわけです。

 けっこう時間が経ったので落ち着いてはきました。

 

 姉ちゃんとはゆっくり積もる話でもしようと思います。

 それにしても、あれですね。自分から面会謝絶しておいてなんですが、いざ初めて人が来てくれると思うと、嬉しいものですね。

 では、また。